OEMシェア生産

OEM

コンセプトconcept

シェアー生産方式(バームクーヘン)

シェアー生産方式とは、PB商品を小ロット、短納期、低単価で生産するための生産方式です。

シェアー生産方式は、一つのラインを複数のお客様にシェアーしていただくということです。

要するに、中身のバームクーヘンは同じもので包装資材だけ変更するということです。

この生産方式にはお客様にとってメリットとデメリットがございます。

(メリット)

1、工場は1日同じものを生産することができるので、効率的な生産ができコストをおさえることができます。その結果お客様に低単価で商品をご提供できます。

2、常に同じものを生産しているのでお客様のご注文に対して素早く対応ができ短納期で商品をお届けすることができます。

3、最低出荷ロットさえクリアーしていただければ、端数の心配や、大きなロットに悩まされることなく必要な数量をご注文いただけます。小ロットのご注文でも大きなロットのご注文でも価格は変わりません。

4、小ロット、短納期なので在庫管理や日付け管理がしやすくなると考えられます。また、最終消費者様にも出来立て新鮮なものがお届けしやすくなります。

(デメリット)

1、中身のバームクーヘンの味、サイズは弊社の既存商品8アイテムの中からしか選ぶことができません。

しかし、弊社が、今までの経験の中から厳選した8種類のアイテムですので初めてPB商品を作られるお客様にもご満足いただけると思います。

2、包装フイルムはお客様のご負担になります。

初めてPB商品を作られるお客様には弊社の無地のフイルムをご使用していただくこともできます。

まず無地のフイルムでのご注文でしばらく様子を見ていただいてから、オリジナルのフイルムを作られるお客様も多くみられます。フイルムの発注先がわからないお客様には弊社でフイルム業者様をご紹介いたします。

3、統一単価ですので、価格交渉には応じられません。

大口のお客様でも、小口のお客様での最低ロットのご注文をいただければ単価は同じです。

4、工場の生産方式、管理、品質のレべルなど個別には応じられません

お客様によって求められる品質や、管理レベルが違う場合がございますが、検品、施設管理方式はシェアー生産の性質上、弊社の基準で行わせていただきます。

シェアー生産方式は中小企業のお客様が気軽にPB商品を作れるよう考えられたシステムです。

メリットデメリットはございますが、ご理解いただければと思います。